心を入れ替えてブログを再開します。

第1回目は日本の街並み探訪、第1弾 愛知県名古屋市の有松

NPOふるさとづくり応援団の仲間3人で、共通の趣味、松本山雅の試合を

豊田スタジアムに見に行った前後に古くからの町を訪ねました。

有松は東海道の間の宿、53次には入らない、地鯉鮒(ちりゅう)と鳴海

の間にある、宿場ではない産業で栄えたまちです。

尾張藩直轄地、ここに400年前、他地区から8名を移住させ、絞りの名産地として発展しました。

大都市名古屋の中で、街並みを保っているのは立派。

昨年、念願の国の「重要伝統的建造物群」に指定されました。

まちを歩いていて、有松絞りの大問屋「武田邸」の玄関を入ったら

他のお客様もいるのに奥からご主人が出てきて、なぜか私達を案内してくれました。

それも本棟から離れ、蔵、茶室、庭と全部を時間をかけて案内してくれたのです。

また、近くの建物が壊されて、新しい老人福祉施設が出来そうになったときに

まちの人たちで何とかそれを阻止した話、それに名古屋市長が積極的に協力してくれた話。

確かに市長が言うように、有松は名古屋の宝ですね。

最後にからくり人形を乗せた山車の展示館を見て、大いに満足して、豊田スタジアムへ向かったのでした。